page top
top page > works > 大和の家II

works

VIEW ALL WORKS

大和の家IIworks

project data

所在地:神奈川県大和市

竣工:2020.09

用途:専用住宅

延床面積:82㎡

写真:礒健介

施工:株式会社前田工務店

工事種別:新築
構造種別:木造2階建

 

 

密集した住宅地の旗竿敷地に建つ家族4人の住まいです。

初めて敷地を見学した時に、隣地から地盤が1m以上低いことや住宅密集地であることなど、採光や通風を考えると2階を生活の中心としたプランがふさわしいと感じました。

北側斜線をかわしながら採光と視線の抜けが最大限に確保できるように建物配置を決定し、過不足のない開口部の数や位置、サイズを意識しながらプランを検討しました。

 

1階は主寝室や水回りなどのプライベート空間を纏めています。玄関は将来建主がバイクを駐輪するとのことからスラブ仕上げのままとし、空間的な連続性を意識して水回り以外は同じ仕上げで揃えました。

階段は2層分の高さのある空間でトップライトからの光が2階やロフトへとゆるやかに導いてくれます。

また、南北に風が抜けるようにトップライトとLDKの間仕切り壁の一部に開口を穿ち、空気と光が通るように計画しました。

 

2階は斜線制限の限度まで高さを確保し勾配天井で広がりのある空間つくり、一部に子供室となるロフトを設けそれぞれの居場所を確保しました。

キッチンの窓から家族の帰宅や来客の気配が伝わる窓、リビングは空を眺める開放的な窓として性格分けしています。

開口部は密集した隣地からのプライバシーや断熱、気密の確保を考慮して最小限で計画。

 

仕上げは建主が無機質な素材を希望されたこともあり床にはフレキシブルボード、壁の一部とキッチン天板は建主のモールテックスDIY。箱階段は他の仕上げとの相性を考慮し、木質系のラーチ、ラワンベニヤを採用。インテリアのアクセントととして効いています。

外壁はインテリアと呼応するようにグレー系のサイディングで全体の仕上げを統一しました。

 

コンパクトでありながら、クールなインテリアと抑揚のある内部空間が特徴的な住まいです。

  • flow

    ご相談から設計までの流れ

    view flow
  • contact

    礒建築設計事務所への問い合わせ

    contact