page top
top page > works > プロジェクト以外

柿生の家

 

 

 

 

 

丘陵地の頂上部に位置し遠く丹沢や多摩丘陵を望む敷地に建つ、ご夫婦お二人の住まいです。

北側に公園、西側と東側は3m以上の高低差のある隣地に接した、見晴らしの良い場所にあります。

初めて敷地を見た時に、大仰な姿ではなく、おおらかな屋根がそっと掛かり、慎ましく佇んでいる小屋のイメージが浮かびました。

また、当初建主が平屋を希望されたこともあり切妻屋根の佇まいが相応しいと感じました。

プランも建物と呼応するようにシンプルであることを心がけ、大きなワンルームのような一体的な空間で暮らしが展開するイメージで設計を進めました。

 

建物は抜けの良い敷地の特性を活かすため、東西方向に抜けをつくり水廻り以外は仕切りのない明快な空間。

1階床は土間テラスへの出入りが容易なように、地面からの高さを抑えたスラブ仕上げとし、冬季の寒さを考慮してスラブ下に地中蓄熱式輻射床暖房システムを採用しました。

東西の軒下空間は室内の土間続きで仕上げを揃え、内外が緩やかにそして自然につながるように意図しています。

壁は珪藻土、天井は根太梁、梁表しの簡素な構成と自然素材が暮らしを包み込みます。

 

2階も間仕切りのない構成。床は畳敷のゴロゴロできる寛ぎ空間。

吹き抜けは1階とつながり、程良い距離感が保てるように配慮しています。

屋根勾配を利用することで1階は軒先を感じる通りの良い開放的な空間が生まれ、

主寝室を兼ねた2階はテントのような安心感のある空間を最小限の勾配操作でつくりだしています。

 

建主がDIYで仕上げた道路面の板塀は歩行者の視線を緩やかに遮る役目として大活躍。

建主と選んだアンティークの無双引戸は時の繋がりを感じることが出来ます。

外観は静かで落ち着いた佇まいとなるよう高さを抑えた平屋に近いスケールを意識しました。

街並みに溶け込み風景の一部になればと願っています。

 

豊かな景色と外部空間を取り入れた、大地と優しくつながる包容力のある住まいです。

 

 

密集した住宅地の旗竿敷地に建つ家族4人の住まいです。

初めて敷地を見学した時に、隣地から地盤が1m以上低いことや住宅密集地であることなど、採光や通風を考えると2階を生活の中心としたプランがふさわしいと感じました。

北側斜線をかわしながら採光と視線の抜けが最大限に確保できるように建物配置を決定し、過不足のない開口部の数や位置、サイズを意識しながらプランを検討しました。

 

1階は主寝室や水回りなどのプライベート空間を纏めています。玄関は将来建主がバイクを駐輪するとのことからスラブ仕上げのままとし、空間的な連続性を意識して水回り以外は同じ仕上げで揃えました。

階段は2層分の高さのある空間でトップライトからの光が2階やロフトへとゆるやかに導いてくれます。

また、南北に風が抜けるようにトップライトとLDKの間仕切り壁の一部に開口を穿ち、空気と光が通るように計画しました。

 

2階は斜線制限の限度まで高さを確保し勾配天井で広がりのある空間つくり、一部に子供室となるロフトを設けそれぞれの居場所を確保しました。

キッチンの窓から家族の帰宅や来客の気配が伝わる窓、リビングは空を眺める開放的な窓として性格分けしています。

開口部は密集した隣地からのプライバシーや断熱、気密の確保を考慮して最小限で計画。

 

仕上げは建主が無機質な素材を希望されたこともあり床にはフレキシブルボード、壁の一部とキッチン天板は建主のモールテックスDIY。箱階段は他の仕上げとの相性を考慮し、木質系のラーチ、ラワンベニヤを採用。インテリアのアクセントととして効いています。

外壁はインテリアと呼応するようにグレー系のサイディングで全体の仕上げを統一しました。

 

コンパクトでありながら、クールなインテリアと抑揚のある内部空間が特徴的な住まいです。

 

敷地の正面には遊歩道のある小川と、豊かな緑が点在する長閑な雰囲気の場所に建つ5人家族の住まいです。建主のご要望は皆の居場所があること、変化のある空間、開放的な空間が欲しいという3つ。

ご要望から家族5人の居場所が確保され、つかず離れずの距離で生活が展開されるように、そして空間が単調にならにように計画することを意識しプランを考えました。

 

豊かな周辺環境を享受出来るように2階をLDKとし、建物正面には学校の緑と小川を眺めることができる開口部を設け、1階、2階とも間仕切りを最小限にし、敷地形状を活かした広がりあるワンルームの空間構成を意識しました。

また、床レベルに変化をつけ、表しの化粧垂木とすることで、空間にリズムが生まれるように意図しています。

 

2階テラスの壁は周辺からの視線を遮る高さで設定し、隣家に気兼ねなく使用できます。サッシを引き込むとキッチン、ダイニング、リビング、テラスと一体で使用することが可能になります。日常的には洗濯物干し場として、特別な日にはバーベキューやカフェテラスとして、気分や季節によって使い方は無限です。

また、大きな空間だけではなく一人で寛ぎたい時など、気分に合わせて居場所選べるよう、隠れ家的な書斎や客間も計画。

さらに、バスケをする子供達用にロッカー風の収納や2段ベッド風のロフトなど、子供達が楽しめる工夫も所々に取り入れています。

 

外壁は周辺の緑と呼応するように、経年変化を楽しめるように目地加工した杉板貼り。

表面に目地があることで豊かな陰影を生み、多彩な表情を見せてくれています。

 

家具や床のレベル差でそれぞれの居場所や広がりをつくり、つかず離れずの距離感で家族の暮らしが展開するリズムのある楽しい住まいです。

 

風光明媚な糸島に建つ3人家族の住まいです。

初めて敷地を見た時に、自然豊かな環境を生かし、伸びやかで清々しい住まいのイメージが浮かびました。

さらに、時間と共に年月を重ねていく住まいの姿が相応しいと感じ、周辺の田畑や山の豊かな緑を眺めながら暮らしが展開されるようなプランを意識して設計を進めました。

 

建物配置は山並みが正面になるように考えた結果、敷地に対して斜めの配置が導かれました。屋根は山並みや街並みと違和感なく溶け込むシンプルな切妻屋根を採用したことで、周辺に馴染んだ落ち着いた雰囲気をつくり出しています。

外部での生活を充実させたいというご要望から、バーベキューや家庭菜園が楽しめるように大きなデッキテラスと軒下空間を設け、積極的に外部空間を使ってもらえるように計画しています。

 

1階はキッチンを家の中心に配置することで回遊性をつくりだし、家事動線が効率良くコンパクトにまとまるように計画しています。

玄関の先に設けたサロンは景色を眺めるカフェスペースや談笑スペース、収納スペースと多目的な空間。軒下空間と繋げることで庭と一体的に使用することも想定しています。

 

吹き抜けと繋がる2階は落ち着いた主寝室と開放的な子供室。

廊下に収納棚とベンチを設けただの移動空間にならないように配慮し、景色を眺めながら一息つく寛ぎスペースとなるように計画しました。

LDKや2階廊下からの視線はテラス、庭、田んぼ、山並みへと繋がります。

 

仕上げは床に杉板のフローリング、壁に珪藻土、天井にアルダー板貼りなど自然素材を積極的に使用しています。冬は薪ストーブで暖をとり吹き抜けを介して暖気が家中を巡ります。

 

稲穂が揺らめく姿を眺め山並みに沈む夕日に日々を愛おしみ、庭の緑が四季を伝える、豊かな自然に囲まれた爽やかな住まいです。

before

 

マンションリフォームの計画です。

リフォーム前の部屋は開口部が多く雑然として落ち着かない印象で、使用されている素材も新建材が中心で部屋自体が味気ない雰囲気を強く感じました。

建主からも明るく広々とした空間が欲しいとのことでした。

 

そこで、この計画では細かな各部の調整と寸法の整理で空間を整えることを意識し、あえて既存サッシの前に壁を立てるなど、開口部と壁のプロポーションを変更し、光の入り方を変化させることで空間の落ち着きと居心地の良い空間になるよう心がけました。

また、無垢の床材や漆喰、タモの小幅板や格子などの自然素材をふんだんに使い、新建材にはない質感を大切にした素材感のある空間を意識しています。

 

全体的に開口部が無く暗かった玄関は無用に明るくせず、床はダーク系のタイルに変更し壁は着色したラワンとして、あえて光を抑えた路地のような空間としています。

少しの暗がりはLDKから各部屋へ行く際の気持ちの切り替えの役目もあります。

また、玄関からLDKに入った時の光がより美しく見える効果もあるように感じます。

木製格子戸も新たに製作して玄関からLDKの雰囲気が見え隠れするように意図しています。

 

明暗が同居し素材の質感が感じられる、やわらかい光に包まれた5人家族の住まいです。

 

 

リタイアを期に建て替えを決めた、60代のご夫婦の住まいです。
敷地は厚木市の高台に位置し、東は厚木市街から遠く横浜まで見渡せ、西は丹沢山系を臨む環境豊かな場所にあります。

周辺は数十年前に開発された閑静な住宅街で、遠景に広がる景色とは関係なく一律に南向きの配置で計画されていました。

 

以前の住まいも南向きでしたが、敷地の周辺環境を最大限に活かすことを考え、東西に広がる景色を眺めながら暮らしが展開するように、配置は東西向きを主としてプランを決定しました。

老後はのんびりと土いじりがしたいというご主人と、その様子をのんびり眺めていたいという奥様。東側に家庭菜園ができる大きな庭を設けて、日常的に庭に視線が向くようにプランや開口部、各部のスケールを調整しています。

 

1階は天井を低めに設定しツガの板貼りとすることで、ゆったり落ち着ける空間。

2階は大きなボリュームの中に居場所を散りばめた動きのある空間としています。

お家で過ごされることが多いご夫婦のため、1階と2階で変化のある空間構成を意識しながら、適正なスケールと丁寧に作りこんだ空間で居心地の良さを感じてもらえるように考慮しました。

 

空調計画はボリュームある2階をカバーするため、1階の床下空調から家中に暖気が回るようにガラリを床に設け、各部屋の間仕切りに小さな開口部を穿ち、シーリングファンで空気の流れを促して冷暖房が家中ほぼムラのない状態で行き届くように計画しています。

仕上げは経年変化が楽しめる素材を選び、板貼りや漆喰などの自然素材を積極的に使用。

 

心地よい居場所と抑揚のある空間が魅力的な、ご夫婦お二人の終の住処です。

 

住宅街に建つ祖父母から譲り受けた土地の建て替え計画です。

譲り受ける条件は親戚一同が集まれる家を建てることと、庭にある既存の柿の木を残すことでした。

そこで、プランは何十年と家族を見守ってきた柿の木を中心に据えること意識して考えました。常に暮らしの中心に柿の木が感じられるように、ほぼ正面にLDKを配置し、窓の形状やサイズも一番よく眺められるように計画しています。

 

1階はLDKと客間となる和室。玄関脇の和室は客間や籠り部屋として使えるように、LDKから一段レベルを下げ、離れのように気持ちが切り替えられるように意図しています。リビング、ダイニングは床座での生活をしたいというご要望から、キッチンの床を150mm下げダイニングにいる人との視線が合うように床レベルをコントロールし、心地よい繋がりになるように配慮しています。

 

2階は寝室や子供室、水廻り等のプライベート空間として、パブリックとプライベートの性格の異なる空間が干渉しないよう上下階で部屋の属性をまとめています。

洗濯室の先には小さなバルコニーがあり、お風呂から脱衣室、洗面所、洗濯室、バルコニーへと繋がるストレスのない家事動線になるよう意識しています。

 

外部空間は縁側で柿の木を眺めながら寛げ、車庫の屋根が庭に延長することで軒下空間をテラスとして使用できる構成です。外壁は建主のご要望で風情があり経年変化を楽しめるように杉板貼り。インテリアも建主が購入された家具がセンス良く収まっています。

 

杉板と柿の木が街並を豊かに彩るコンパクトで機能的なご家族3人の住まいです。

 

オーナーがお勧めする約10種類のグラスワインとフレンチビストロ料理をオリジナルスタイルで楽しめるお店の改修計画です。

 

限られた予算の中で最小限の工事に留めるため手を加える箇所を吟味し、ゆっくりと落ち着いてご家族や友人と楽しんでいただけるように、床や壁などの面積が広い箇所の色味を合わせて、インテリアはダーク系とホワイト系のモノトーンで統一しました。

 

照明計画を見直し間接照明を中心とした照明は天井の形状を利用して、陰影を作り出すことで空間の広がりを演出しています。

  • flow

    ご相談から設計までの流れ

    view flow
  • contact

    礒建築設計事務所への問い合わせ

    contact